業界におけるMRの役割

医療業界の橋渡し役

MRとは、MedicalRepresentative(メディカル・レプリゼンタティブ)の頭文字をとった略語で、日本語で言うと「医薬情報担当者」のことを指します。一般的には、病院などの医療機関に出入りして医薬品の営業をおこなう製薬会社の担当者などが、日本においてのMRという職業にあたります。MRの主な役割は、ただ製薬会社の営業として自社製品の売り込みをおこなうことだけではありません。MRはさまざまな薬品を患者に対して適正使用してもらうため、医薬品についての情報を集め、その品質や有効性、期待できる具体的な効果の内容、そして副作用にいたるまで、さまざまな情報を医師をはじめとする医療従事者に伝え、普及させることを目的とし、毎日の業務にあたっています。MRは毎日いろいろな病院に出入りをして、自社の製品をどのような患者に使用したのか、その患者にどのような症状の変化が見られたのかなどを、病院で働いているスタッフの人たちに詳しく聞いて回ります。同時に、病院側から「このような症状が出ている場合に使える新しい薬はないか」などといったニーズを聞いたり、医薬品が正しく使用されているかをチェックしたりして、製薬会社へのフィードバックもおこないます。MRは、病院と製薬会社の橋渡し役を担っているのです。

高い倫理観が求められる

MRとは「MedicalRepresentative」の略で、日本語で医薬情報担当者のことを指します。MRは製薬会社の営業職で、病院やクリニックなどの医療従事者がいる所を回り、医療用医薬品の効果・効能、副作用などの安全性、適正な使用方法などの情報を収集し、提供することが仕事の主な内容となります。医療に関するやり取りを医療従事者と行うので、専門的な知識を収得しておく必要があります。薬剤師の免許は必要ないですが、資格を持っておくと医療や医薬品の知識に関して理解が早まるので、取っておいて損はありません。特に資格は必要ないと言いましたが、最近では、公益財団法人MR認定センターで行われるMR認定試験を合格していないMRについて、訪問を受け付けない機関が増え始めており、実質受けることが必須となっています。MRの出身を見ると、半分が文科系出身者となっていて、3割程度が理科系の出身、1割が薬剤師からとなっています。残りの1割は女性のMRで、年々増加傾向にあるようです。MRは販売促進活動を行わない営業職です。人の生死を左右する医薬品を扱うので、他の職業よりも高い倫理観が求められます。責任感が強い人に向いている職業だと言えるでしょう。

最新情報

実際の労働状況

病院担当MRの仕事について MRには病院担当と個人病院担当と社内で分けて人員を配置している会社もありますが…

くわしく読む

医薬情報担当者の人物像

MRに向いた資質 MRになるためには基本的に四大卒以上の学歴が必要であり、大学院や薬学部を卒業していると採…

くわしく読む

業界におけるMRの役割

医療業界の橋渡し役 MRとは、MedicalRepresentative(メディカル・レプリゼンタティブ)…

くわしく読む

プロのMRになる方法

MRの資格習得 MRというお仕事についてどんなイメージを持っていますか。多くの方は薬を宣伝して売り歩く職業…

くわしく読む