プロのMRになる方法

MRの資格習得

MRというお仕事についてどんなイメージを持っていますか。多くの方は薬を宣伝して売り歩く職業だと思っていますが、実はそうではありません。確かに最終的に自社の商品を売ることを目標とはしています。しかし、一番重要なところはそのお薬の有効性や品質、副作用などについてお医者さんや薬剤師の方に正しく理解してもらうことがMRの仕事となります。そのため、MRの人は一日に数多くの人とお話をしないといけません。それぞれ担当が分かれていて、大病院の担当だと一日に20~40人のお医者さんや薬剤師の方とおしゃべりをすることになります。開業医担当の場合は10人程度が目安になっています。自社の商品を知ってもらうために何度も同じ人と面会することになるわけです。自社の商品のことについて話しつつ、顧客のお手伝いなどを出来る人がMRとして大成出来る人だといわれています。実はこのMRという仕事はお医者さんの処方箋によって処方できる処方薬が対象となっています。よくドラッグストアなので売られている一般薬は対象となりません。一般薬の方が目立っているため、そこまで儲かっていないイメージがありますが、実際のところは一般薬の10倍以上のシェアがあるといわれています。そのため想像以上に多くのMRが活躍しているといって差し支えないでしょう。MRにももちろん資格があります。MR認定試験というものがあり、最初はそれを突破することになります。

MRが目指すMR認定試験とは

MRという仕事に就職したからといって、すぐに一線で働けるようにはなりません。MRとなってから最初の関門となるのが、MR認定試験です。MR認定試験は、毎年12月に行われる試験です。MRとして仕事をしていく上で需要となる医薬品に関する知識、医療や病気に関する知識を問う試験です。入社後はこの試験に向けて勉強を行い、MR認定試験に合格する事が目標となります。その為に研修期間がしっかりと設けられており、集中してしっかりと勉強を行う環境が十分に整えられています。このMR認定試験は合格率80%ほどになっています。MRになるからといって必ずしも必要な資格ではなく、この資格がなくてもMRの仕事をする事はできます。けれども大きな病院との取引ともなるとこのMR認定試験に合格していないと訪問をすることも難しくなります。さらに、MR認定試験に合格をしていないと社内でも評価がさがりますし、今後のMRとしての仕事をしていく上で不利になってしまいます。「MRの仕事をしていくなら、MR認定試験に合格すること」、これが第一線で活躍するMRには常識であると考えれられています。MRとして認められる最初の大きな壁とも言えるでしょう。

最新情報

実際の労働状況

病院担当MRの仕事について MRには病院担当と個人病院担当と社内で分けて人員を配置している会社もありますが…

くわしく読む

医薬情報担当者の人物像

MRに向いた資質 MRになるためには基本的に四大卒以上の学歴が必要であり、大学院や薬学部を卒業していると採…

くわしく読む

業界におけるMRの役割

医療業界の橋渡し役 MRとは、MedicalRepresentative(メディカル・レプリゼンタティブ)…

くわしく読む

プロのMRになる方法

MRの資格習得 MRというお仕事についてどんなイメージを持っていますか。多くの方は薬を宣伝して売り歩く職業…

くわしく読む