医療業界の重要な仕事

MR(医薬情報担当者)とは何なのか?

MR(医薬情報担当者)とは、医薬人の適正使用を行うために医療従事者の情報を集め、医薬品の品質や安全性などを確認し、情報の提供や伝達を業務とする職業となります。英名ではmedicalrepresentative、と呼ばれ、それぞれの単語二文字の頭文字を取り「MR」という呼ばれ方をされています。医薬情報担当者は製薬会社に属しており、自社の医薬品情報を異教事業者に提供するといった業務を行い、自社で使用された医薬品の情報を集め自身の製薬会社にフィードバッグを行います。どちらかといえば医薬品情報のフィードバッグが主な業務であり、医薬人の宣伝活動が主ではありません。医薬品情報担当者は倫理観に基づき、患者の立場に立って医療事業者との情報収集を行います。日本では製薬会社の営業職としての認識が強いのですが、欧米などでは医療チームの第一線として活躍するような職業です。1997年にはMRの試験である「MR認定試験制度」が導入されました。医薬情報担当者はMR認定がなければ必ずしも営業が行えないというわけではないのですが、企業の中にはMR認定がなければ営業の訪問を禁止するところも出てきており、医薬情報担当者にとってMR認定は重要な肩書となっているのです。

MRの仕事は?

MR、という仕事をご存知でしょうか?MRは、製薬企業の営業担当の仕事です。主に医療従事者相手に、医療用医薬品の営業を行います。基本的な仕事内容は営業と同じですが、医療用医薬品に対する知識が必要になります。体に作用する医療用医薬品の販売を行う仕事なので、非常に責任がある仕事です。MRになるのに特別な資格はいりませんが、医療用医薬品に薬の効果や品質を、アピールする必要あるため、専門的な知識を学ぶ必要がでてきます。また、相手は医療従事者なので、医療に関する最低限の知識も必要です。場合によっては人の命がかかることがあるため、病院側も医療品の購入には非常に慎重です。他の製薬会社のMRも営業を行っているため、信頼を得ることが重要になってきます。優れたコミュニケーションと、プレゼンテーション能力が求められます。副作用や飲み合わせといったデメリットも説明する必要もあり、とても難しい仕事と言えます。さらに、医療用医薬品は常に新しいものが出てくるため、常に学び続けることになります。給料は通常の営業よりも高い傾向にありますが、その倍率は高いです。ただ、医療や社会の役に立つような仕事である為、やりがいはとても大きいです。

医薬品メーカーの医薬情報担当者のことをMRと呼びます。 今まで、MRは情報を提供する人というよりは、営業担当者(セールスマン)としての扱いの方が強かったのです。 全製薬メーカー・CSOの最新動向を網羅するMR BiZには、どこよりも早く、非公開求人が多数寄せられています。 MRとはメディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字をとったもの。 MRの求人・製薬業界の最新動向を知るなら【MR BiZ】

最新情報

実際の労働状況

病院担当MRの仕事について MRには病院担当と個人病院担当と社内で分けて人員を配置している会社もありますが…

くわしく読む

医薬情報担当者の人物像

MRに向いた資質 MRになるためには基本的に四大卒以上の学歴が必要であり、大学院や薬学部を卒業していると採…

くわしく読む

業界におけるMRの役割

医療業界の橋渡し役 MRとは、MedicalRepresentative(メディカル・レプリゼンタティブ)…

くわしく読む

プロのMRになる方法

MRの資格習得 MRというお仕事についてどんなイメージを持っていますか。多くの方は薬を宣伝して売り歩く職業…

くわしく読む